B.K.R | ファンタズマゴリアは死んだ mtg/wlw/LoV

[wlw]大聖視点キャラ対 Ver2.04

~前提として~

流転如意棒は入っているものとする
如意棒は理想展開ならいらんといえばいらんのだけどデス時のケアに大変有用
神通と吸命どっちがいいか?と言われると試合に貢献しやすいのは神通、吸命はレーン戦ミリ殺しに強いって感じだから相手が強そうなら吸命とかでもいい

サンドリヨン
lv1~2は有利 3~4は不利だけど4~は火力勝ち出来れば有利
SSにはモーション見えた瞬間DSをとにかく早く書いて相打ちを取る
DSは硬直があまり無いので、距離があったり兵士がいると差し込みにくい(不可能ではない)
専用発動中は相打ち覚悟でDS投げてもいいけど一方取られたり相手がアルティメットだと相打ち火力負けするので要ビルド確認
回避硬直もそこまで無いからレーン戦における回避に関しては誘うことはしても立ち位置の向上に努めた方がいい

一番大事なのは開幕

相手は一番最初の兵士列を処理した後に何を考えるか?
こちらが開幕兵士止めできているならば相手は最低でも2回ドローを書かなければ開幕兵士が処理できないのでしっかり開幕兵士止めはしたい
前出ようとした場合SS打ってくると思うけどこれにDS合わせればレベル3までの安泰は買えます
ただしクリスラぶっぱとか余計な被弾すると話が変わるんで↑が出来たなら開幕は裏取りで良い

理想の展開としては序盤ダウン取ってしっかり育成しつつ4まで誤魔化して吸命
相手のWSに万全の状態でWSカウンター→勝ち
試合全体のこと考えると神通でもいいけどボールドレスアップきつすぎるからレーン安泰にするなら吸命で良いと思う

きびつ

腕がでる
”基本的には”SSDS全てに差し込み可能ではあるので”基本的には”常有利ではある
負けパターンは開幕相手のDSに当たり兵士を処理されてライン下げて一本取られ裏取られてゲームセットみたいなことが多い
とりあえず開幕兵士止めは必須として、相手のDSは初速が速いのであまり甘えないことが大事(特に開幕)
開幕やり過ごしてしっかり流転育てて正面から丁寧にやればDSの性能差で勝てると思う
共鳴は如意棒でラクラク処理
神通推奨だけど不撓不屈の連射にだけ注意、断罪も無くはない
開幕だけは裏取ってもいいけどその際はしっかり流転を打って育成

メロウ

SSにDSを徹底、DSにもDSで相打ち上等がいいけどDSはあまり硬直がないので当たらなさそうな時はあまり過信しない
開幕は苦労するけど開幕負けても一本上げて死なないように育成すれば勝てる
相手は後半体力も火力もないので攻めっけ出してやるべし、ただし婚儀はめんどくさいんでいざとなれば裏取ってよい
吸命神通どちらでも可
WSだけはやり過ごし
森津波をケアする

大聖

如何にして大兵士を有効活用させないか
如何にして大兵士を有効活用するか
先出しをしないこと、WSも先出しするとほぼ死ぬ
細かいことはビルドによる

神通推奨

シャリス

SSには差し込めるけどDS硬直短くて差し込みにくい、序盤は本当にきつい相手
びっくりとかWB生当てには注意するけど普通の射程でやっても勝てないから最後はインファイトする


フック

SSDS回避全部差し込めるし向こうは開幕露骨に遅いからそこの利点は有効活用したい
体力火力差はあるから相手の癖をなるべく読んで快適なおらつきライフを
獲物藻屑ぶっぱは注意してDSフェイントかけて特に獲物をしっかり誘う

神通推奨

リン

SSDSLF全部差し込めるけど相手の方がSS長くて指輪付けてることが多いんで一方取られやすい
いつもいってるけど大事なのは開幕
吸命あると不意に死ぬことが横槍以外なくなるんで圧倒的に楽

ドルミール

LV1のDS威力勝ってるから流転のことはあまり考えずにレベル1でおらついた方が実はいいんじゃねえかという疑惑
神通維持が結構大変なのでミリ殺しのための吸命があると凄い楽

ツクヨミ

レベル1前ブー
神通でラクラクキャスト処理

ウラ

こいつだけは序盤にDS盛ると見違えて楽
裏取り合いすればなんだかんだ勝てることが良くある
神通のがいい

シュネー

SSでめっちゃ吹っ飛ばされてダウンした後に読み合いになりにくいためしっかりレーン戦しないとダメ


ジーン

序盤は弱いメロウ
LV3以降は渦合わせ打ちに注意
魔人化されたときは時間管理して逃げる

スポンサーサイト
Category : アーケード
Posted by K on  | 0 comments  0 trackback

スタンリーグ記録 その2

デッキはこの前あげたのより弱い白黒のデッキ。アヴァシンとか言うカードオンラインで買いたく無さすぎで変位エルドラージで誤魔化してるけど誤魔化し切れてない。

一戦目 4cアリストクラッツ 先手〇×〇
1g ダブマリ=死のデッキなのでぐおおつらいいいいいいとかいってたけど相手の2t目謎の石の儀式、3t目選別者ってムーブに対して儀式に苦渋の破棄当てて不毛の地の絞殺者でテンポとって難題からソリンで適当に除去しながら殴りきって勝ち。無駄牌無かった。

OUT 変位エルドラージ2 不毛の地の絞殺者1 石の宣告2
IN   鞭打つ触手3 神聖なる月光1 リンヴァーラ1
不毛の地の絞殺者を抜くのは「触手入れたし3/2信頼できねーなー」って意図だけどあり得ないとおもう。

2g 相手の精神背信でぐぬぬしてたら相手の現実を砕くものが着地する。
ハンドには苦渋の破棄があったけれどもとりあえず変位エルドラージの起動能力でごまかし続ける。
相手が薄暮見の徴募兵を出してきたので除去すると死に際に現実を砕くものを手札に。じゃあしょうがねーから除去するかーって苦渋の破棄を撃ったら否認。終。

OUT 鞭打つ触手2 骨読み1
IN  強迫2 オブニクシリス1
短期決戦を視野で。オブニクシリスはスマッシャーに触りやすいので入れました。

3g 1マリ。精神背信から不毛の地の絞殺者で相手のズーラポートを除去しながら難題が着地する最高の立ち上がり。
強迫を撃たれて鞭打つ触手かソリンかの2択でソリン抜かれたので鞭打つ触手って必要なのかどうか深く悩んでいる。
6マナ3/3トークン3体出す奴とか出されたけど触手撃って全部除去して殴って勝ちました。

二戦目 まだやってない。 

Category : mtg
Posted by K on  | 0 comments  0 trackback

スタンリーグ記録その1

その2があるかは不明



1:青赤エルドラージ 〇×〇
一本目は希望を溺れさせるものを背信して不快な集合体を絹包んでスマッシャーが殴って勝ち。
二本目は不快な集合体、難題から入られて除去抜かれてしょうがないからスマッシャーでダメージレースしたら寸借者で負け。完璧に意識外だった。
三本目はなんか普通に勝った。

2:青赤グッスタみたいなの 〇××
一本目は初手がクソ弱かったけどまあキープするか―って始めたら熱病の幻視貼られて引いてきた背信で赤執政抜いて出てきた青執政を不毛の地の絞殺者して勝ち。
シルムガルの嘲笑打たれたこともあり精神背信で見えたのが赤執政青執政熱病の幻視2枚だったこともあって青赤ドラゴンかな?等と思う。ちなみに初手骨読み前提の手札で熱病の幻視に構わず骨読み撃ったら10点削られた。
二本目で空中生成エルドラージが出てくる。うーむとかいってると極上の炎技、ゴブリンの闇住まいも出てくる。なるほどな。サイド間違えてる感ありありである。負け。
三本目は空中生成闇住まい闇住まいその他土地みたいな手札から空中生成抜いたけどそのあと闇住まいに除去使い回されてそのせいで負け。デッキコンセプト的に12交換を許してはダメだったので闇住まいを抜くべきだった。要反省。

3:白黒コントロール ××
一本目はダブマリ=死。荒廃の一掴み、月光、究極の価格、強迫、隔離の場、オブニクシリスなど入れる。
二本目はこっち初動背信予定してたら相手が強迫から背信抜いてきたり難題でカリタスと衰滅とそのほか土地確認して衰滅抜いて返したらカリタス闇の掌握されてそいつら除去したら次ギデオンで相手がクソ強かった(こなみ


4:緑白トークン 〇×〇
一本目は進化の飛躍貼られてメインからかよ~ってゲロ吐いてたけど背信からニッサ抜いてブン回りして勝ち。隔離の場とリンヴァーラ入れる。
二本目は除去ない手札で1裏強迫から入ったら2表に出てきた平和主義者変身して延々除去れずにチャンドラビームで負け。要反省。赤要素皆無なのにチャンドラ出てくるのシュールでちょっと笑った。
三本目は相手が進化の飛躍貼ってるのに自分のターンに平和主義者とアヴァシン出してタップアウトしてくる舐めプを隔離の場X=3で咎めて勝ち。相手の手札ゼロになったし舐めプ以外の理由が考えられなくてもにょる。

5:ティムール調査 ×〇〇
一本目は手札事故してたら相手がエンチャント一杯貼って負け。クリーチャーで調査するデッキなので除去は減らさず隔離の場とオブニクシリス入れる程度。
二本目は強迫背信から入ってこっちの土地がちょっとの間つまったもの難題スマッシャーして勝ち。
三本目は否認とか打たれたしサルカンとか出てきてびっくりしたけどなんか普通にクリーチャー除去してソリン出して勝ち。

Category : mtg
Posted by K on  | 0 comments  0 trackback

白黒エルドラージミッドレンジ

クリーチャー:16
3:《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer》OGW
4:《不毛の地の絞殺者/Wasteland Strangler》BFZ
4:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》OGW
4:《現実を砕くもの/Reality Smasher》OGW
1:《大天使アヴァシン+浄化の天使、アヴァシン/Archangel Avacyn+Avacyn, the Purifier》SOI

呪文:19
1:《歪める嘆き/Warping Wail》OGW
2:《苦渋の破棄/Anguished Unmaking》SOI
4:《精神背信/Transgress the Mind》BFZ
2:《石の宣告/Declaration in Stone》SOI
3:《骨読み/Read the Bones》ORI
3:《絹包み/Silkwrap》DTK
2:《停滞の罠/Stasis Snare》BFZ
2:《死の宿敵、ソリン/Sorin, Grim Nemesis》SOI

土地:25
4:《平地/Plains》C15
4:《沼/Swamp》C15
2:《ウェストヴェイルの修道院+不敬の皇子、オーメンダール/Westvale Abbey+Ormendahl, Profane Prince》SOI
4:《戦場の鍛冶場/Battlefield Forge》ORI
4:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》ORI
2:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》ORI
1:《オラン=リーフの廃墟/Ruins of Oran-Rief》OGW
4:《乱脈な気孔/Shambling Vent》BFZ

サイドボード:15
3:《静寂を担うもの/Bearer of Silence》OGW
1:《大天使アヴァシン+浄化の天使、アヴァシン/Archangel Avacyn+Avacyn, the Purifier》SOI
1:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》OGW
1:《究極の価格/Ultimate Price》DTK
1:《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》ORI
1:《荒廃の一掴み/Grip of Desolation》BFZ
2:《強迫/Duress》DTK
3:《鞭打つ触手/Flaying Tendrils》OGW
1:《隔離の場/Quarantine Field》BFZ
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》BFZ

大分煮詰めたつもりではあるので一旦まとめておく。
一番最初の着想としては絹包み/石の宣告/精神背信から入って不毛の地の絞殺者によるテンポチートから難題スマッシャーに繋げればイージーウィン出来ていいんじゃね!!?ってところから。
回してるうちに色々問題点に気付く。
・絹包みが信頼できない
刺さるデッキにはめちゃくちゃ刺さるが刺さらないデッキにはほぼ腐る。刺さるデッキにもドロコマの存在を片隅に置いて動かなければならない。とはいっても2マナの動きとしては精神背信の次に良いので、後述するが1枚歪める嘆きにした。
・ライフヤバい
無色マナを供給するためのダメラン祭りで、骨読みでもライフロスするのだから減るときは結構減る。
これに関してはリンヴァーラを試したりしてみたがある程度割り切る必要があると思う。一応ソリン出せばソリン対象に-5を撃つことでゲインは出来る。出来るけど冗談きつい。
・石の宣告弱い
弱い。最初は4枚入ってたのだが、相手とのアド差が大体ヤバくなるので負ける。でも汎用除去だしという甘えで2枚にした。
そもそも序盤のクリーチャーをこれで除去する行為は自分の速度が出る前提でありこのデッキは難題あるいはスマッシャーが出ない限りそこまで速度が出ないのでこんなものを序盤に撃つ暇はあっても撃つことは許容されない。
・ソリンの使い方
相手が一体しかいない盤面に出してマイナス始動してあとはちまちまプラスで勝つというのがこのデッキの楽な勝ち方である。不利な盤面にゲインと除去目的で出しても大体負ける。多種多様優秀なミシュラランドが環境に存在するので返しで死なないように自分の盤面に何か出しておくのが好ましい。
・ミシュラランドがきつい
最初ソーサリー除去盛り盛りで組んでミシュラランドにしばかれ続けて負けまくって停滞の罠入れました。
・変位エルドラージの有用性
一言で言うとめちゃくちゃ強い。
ミシュラランドを戦闘から取り除いたり不毛の地の絞殺者、難題をブリンクして守ったり現実を砕くもののブロッカーをリムーブして5点入れたりなど。
除去受けとしても12分に活躍するし除去されなければなんか横に立ってるってことだから自然と勝てる。3マナ3/3というスペックも適当に出す分に優秀だしコジレックの帰還で焼かれない。入れるスペースないので3枚だけど4枚でも全然いい。
・アヴァシンピン積み
最初はリンヴァーラだったが、リンヴァーラはカードパワーは非常に高いし変位エルドラージとのシナジーがあるものの有効に出せる場面を選んで来るのでサイドへ。
代わりにアヴァシンを採用。狙いとしては盤面の保護、4/4飛行警戒瞬速の強さなど。
骨読みによりアクセス枚数を稼いでいるのでピン積みでも引ける可能性を入れておくと言った感じ。5マナの動きとしては相手ターンにアヴァシン出すよりスマッシャーで相手のハンドをもいでいる方が大体強いので。
・歪める嘆き
お試し枠だったがジェイスやズーラポートの殺し屋をインスタントで追放でき、衰滅をカウンター出来る点を高く評価。
不毛の地の絞殺者で歪める嘆き圏内に入れる動きは意識すべき。
・ゲトの裏切り者、カリタスの不採用
4マナ3/4絆魂で相手のクリーチャー死亡時追放能力が付いているので一見強そうではあるがこのデッキは相手のクリーチャーを元から追放しまくるので全然相手のクリーチャーが死亡してくれない。サイドなら全然選択肢には上がるのでメタ次第。
現状反射魔道士に弱いので不採用。
・オラン=リーフの廃墟
タップイン許容できるくらいに強い。マナカーブを整える意味でも。
鏡の池は強いけど凄まじくテンポが悪いので抜けました。
・ウェストヴェイル
アンタップインなのがめちゃくちゃ偉い。
ならず者の道にしようかと思った時期もあったけど変位エルドラージ採用したし別にいいかってことで。

サイドについて特筆事項だけ
荒廃の一掴みは白黒ミラー用。基本的にこのデッキは11交換していくついでにクリーチャー除去に関してチートするデッキなのでコントロールは11交換しかしにくく不利な相手。ミシュラやウェストヴェイルによる不毛な戦いを拒否したい。
隔離の場は触りにくいものが多いこのデッキのサイドとしてめちゃくちゃ強い。6マナでトークン出す系のPW完全除去可能。
オブニクシリスは適当にマイナスから入って除去強要する。後コントロールに。
静寂を担うものはダメージレースする相手全般に。クロック出しつつ除去はこのデッキのコンセプト通り。サイドから現実を砕くもの出してきそうな相手とかにも2マナパワー2として時々入れる。オジュタイスレイヤーとしての性能ばかり言われるけど普通に強い。がメインとしてはブロック出来ないのが致命的なのでサイド。
鞭打つ触手は横並びさせてくる相手に。2体以上追放できると変位不毛パッケージがめちゃくちゃ強い。

Category : mtg
Posted by K on  | 0 comments  0 trackback

青トロンサイド考

クリーチャー:10
2:《宝物の魔道士/Treasure Mage》MBS
1:《呪文滑り/Spellskite》MM2
3:《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》C14
2:《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》C14
1:《白金の天使/Platinum Angel》M11
1:《隔離するタイタン/Sundering Titan》DST

呪文:26
4:《卑下/Condescend》5DN
2:《呪文嵌め/Spell Snare》MMA
1:《呪文の噴出/Spell Burst》TSP
3:《撤廃/Repeal》GPT
1:《サイクロンの裂け目/Cyclonic Rift》C14
4:《差し戻し/Remand》RAV
4:《知識の渇望/Thirst for Knowledge》MMA
4:《探検の地図/Expedition Map》ZEN
2:《忘却石/Oblivion Stone》CMD
1:《精神隷属器/Mindslaver》SOM

土地:24
9:《島/Island》DTK
4:《ウルザの鉱山/Urza's Mine》9ED
4:《ウルザの魔力炉/Urza's Power Plant》9ED
4:《ウルザの塔/Urza's Tower》9ED
2:《幽霊街/Ghost Quarter》C14
1:《アカデミーの廃墟/Academy Ruins》MMA

サイドボード:15
2:《呪文貫き/Spell Pierce》ZEN
2:《押しつぶし/Squelch》CHK
3:《ハーキルの召還術/Hurkyl's Recall》10E
1:《霊気化/AEtherize》GTC
2:《虚空の杯/Chalice of the Void》MMA
2:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》MMA
2:《徴用/Commander》CSP
1:《世界のるつぼ/Cruicible of Worlds》5DN
サイドについてメモしておこうと思う。

〇双子
メイン相性は5.5(こちら側)対4.5くらいだと思う。
コンボを狙ってくる相手には忘却石を置いて放置でいいし、カウンターが多いのでそもそもコンボは決まりにくい。
相手のクロックを残さないようにすることが一番大事なのでクリーチャーには基本的にカウンターを当てる。
ライフ攻められるて動かざるを得ないくらいなら早めに動いた方がよい。
いわゆるグリクシス型も同様。コラガンの命令がきつくなるけど。
ヴェンディリオンが一番きつい。これは本当に。
相手のサイドインとして想定すべきは、血染めの月、否認(払拭)、誘惑蒔き、塩まき(塵への崩壊)あたり。
グリクシス型なら大祖始の遺産を入れるべき。瞬唱対策にもなるし探査クリーチャーへの強烈なアンチになる。
かわりに探査クリーチャーに対して効きの悪い撤廃を減らす。
IN
呪文貫き2
(大祖始の遺産2)

OUT
隔離するタイタン1
真面目な身代わり1
(撤廃2)

血染めの月は別にマストカウンターではないが、塩まきは絶対に通してはいけない。
サイド後は何にカウンターを当てるかよく考えよう。
サイド後も相性はそこまで変わらないと思われる。

〇BG
基本は有利。リソース勝負になりやすい。
負け筋としてはジャンドに、ハンデス連打からリリアナが通って生物が残ってビートされて負け。
アブザンには復活の声と未練ある魂を連打されるという形。
軟泥と復活の声(アブザン)は生物の中でも特に厳しいので早めの対処を。
手札枚数を管理すること。コラガンの命令のディスカードモードやリリアナ等を考慮して、不要な札は手札に置いておくこと。
相手のサイドイン筆頭は大爆発の魔道士。さらに加えて追加のハンデス、忍び寄る腐食、古の遺恨等置物割り。
先手なら押しつぶしを入れるのがいいと思う。フェッチから大爆発の起動能力まで合わせれるので。

IN
世界のるつぼ1
霊気化1
(押しつぶし2)

OUT
白金の天使1
サイクロンの裂け目1
(差し戻し2)

〇バーン
基本無理。
時間を稼いでワームとぐろでごり押すか、白金の天使を守るかという試合。
経験値不足のため詳細不明。
相手がサイドインしてくるのは溶鉄の雨、破壊的な享楽(粉々)だとは思う。
隔離するタイタンは意外と相手のマナ基盤に刺さりやすく、OUTしない。

IN
呪文貫き2
虚空の杯2

OUT
精神隷属器1
サイクロンの裂け目1
差し戻し2

〇親和
多分無理。
軽いクロックに加えて、墨蛾、ちらつき蛾とかいうミシュランが非常に除去しづらい。
ハサミ城塞は絶望。
相手のサイドインは思考囲い、古の遺恨を想定。

IN
ハーキルの召還術3
霊気化1
呪文貫き2
虚空の杯2

OUT
精神隷属器1
隔離するタイタン1
卑下2
差し戻し4

〇感染
キツイ。
まず蛾土地がきつい。
抵抗手段がバウンスしかないのも結構きつい。
じゃけん呪文滑りか白金の天使を出しましょうねーーって感じの試合。
相手のサイドインは自然の要求だろうので、チャリスX=1で置きつつ呪文滑りが着地して、蛾土地に苛められなければ勝てると思う。

IN
虚空の杯2
呪文貫き2
霊気化1

OUT
差し戻し4
精神隷属器1

Category : mtg
Posted by K on  | 0 comments  0 trackback